×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

頭皮の乾燥によるかゆみ・保湿方法とは?

頭皮のかゆみの原因で一番に挙げられるのは、乾燥によるものです。頭皮も肌の一部です。適切なスキンケアを行わなければ乾燥肌になり、かゆみが伴い、結果、フケが出る状態になります。また、乾燥によるかゆみによって頭皮に傷が付き「かさぶた」になってしまう場合もあるので注意が必要です。ちなみにアトピー性皮膚炎の傾向にある方は、頭皮も乾燥しやすくなるので、顔や体の肌に行う様に頭皮のスキンケアに心がける必要があります。ちなみに頭皮の乾燥には過度のシャンプーによる洗浄は禁物です。頭皮の油分や皮脂が多い場合、過度なシャンプーを行いがちですが、これが逆に頭皮のターンオーバーや保湿機能を狂わせ、皮脂の過剰分泌の原因になったり、または頭皮の乾燥や炎症を引き起こす原因になります。特に市販のシャンプーは洗浄力が強いため、その危険性が大いに考えられます。また元々、頭皮が乾燥しがちでフケや痒みがある人、アトピーなどの皮膚病をお持ちの方も、シャンプーによる洗浄を考える必要があります。低刺激のシャンプーで皮脂が落ちすぎない様に熱いお湯ではなく、ぬるま湯ですすぎましょう。また頭皮の血行が悪いことが原因でターンオーバーや保湿が乱れていることも考えられますので、頭皮マッサージも有効でしょう。

頭皮の湿疹による痒み

頭皮のかゆみの原因には湿疹による痒みがあります。この湿疹を「脂漏性湿疹」と言います。これは慢性的な湿疹を伴う病気で、頭皮のかゆみやフケの原因になります。ちなみにこの病気の詳しい原因は判明していません。ひどくなると、赤みを帯びた「できもの」などが出てきますので注意が必要です。ちなみに現在、頭皮の湿疹に有効とされている対策法としては、硫化セレン、抗真菌薬であるサリチル酸や硫黄、タールなどの成分が含まれているシャンプーでの治療法です。これらの頭皮シャンプーを一日おきを目安にして使用し、湿疹や痒みが治まってきたら回数を更に減らして、週2回程度のペースで使用すると効果的の様です。この様な頭皮のかゆみを放っておくと、掻いてしまうため、傷ができ「かさぶた」や「赤いできもの」の原因にもなります。また頭皮の新陳代謝にも悪影響を及ぼすので、早急な対策が必要でしょう。またフケのタイプによってあなたの頭皮の症状がある程度分かる様です。乾燥したフケの場合は頭皮が乾燥している状態、逆にベタベタのフケの場合は油分や皮脂が多い頭皮です。どちらにせよ悪化すると「脂漏性湿疹」などの同じ症状が起こるのが悩みです。

頭皮のニキビ・できものによるかゆみ

頭皮にニキビやそれに伴う「おでき」が出来てしまい痒みが出るケースもあります。この原因として考えられることは、正しい洗浄ができておらず頭皮の毛穴に古い角質や皮脂が詰まっていることが挙げられます。また、すすぎ残しであるシャンプーやリンスが毛穴に詰まっていることも考えられます。そしてこれらが、紫外線によって酸化し、頭皮にニキビや、吹き出物を作るのです。ちなみに、これを解消するためには、ニキビや、できものを潰さない様に、やさしい洗髪すること。また、頭皮専用のクレンジング剤やクレンジングシャンプーを使用して、毛穴汚れを除去することが大切です。またリンスやトリートメントは頭皮に直接付かない様にしましょう。頭皮のニキビは、背中ニキビの原因と似ています。背中ニキビも、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しが毛穴に詰まり発症します。しかし、毛穴の汚れを除去しようとして過剰なシャンプーやクレンジングを行うと、今度は頭皮の乾燥による、かゆみが起こる危険性もありますので、前述した頭皮のかゆみ対策法を踏まえた上で、ニキビを解消する必要があります。

Copyright © 2008 頭皮のかゆみ解消法!